貸店舗を借りる時の敷金、礼金、保証金の見方について


貸店舗を借りる時の敷金、礼金、保証金の見方はご存知ですか。
普通に賃貸のアパートやマンションを借りる場合などにも敷金・礼金という言葉は使われるので、敷金・礼金については聞いた事があると思います。
礼金については貸店舗を借りる時も同じ意味です。

物件を借りた際にオーナーさんへ支払われるお礼のお金で、返金される事はありません。
一部のエリアでは礼金というシステムが一般的でないところもあるようなので、エリアによって多少の違いがあるかも知れません。
敷金と保証金は同じような意味で、店舗を借りる時には保証金が敷金のような意味になります。

しかし、敷金は基本的に貸借人に原状回復の必要がないような使い方(キレイな住み方)をしていれば戻ってきますが、保証金は賃料の滞納分が合った時に保証金を利用するというものなので若干意味が違います。

また、保証金は「償却分」と契約書に記載されている場合には、賃料の滞納などがなくとも記載されている金額分は戻ってきません。

This entry was posted in 新宿の貸店舗について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります