居抜き店舗とはどういう意味か?


貸店舗を探していると「居抜き店舗」という言葉を耳にすると思います。
居抜き店舗とはいったいどういう店舗の事を指すのでしょうか。

まず、スケルトンという状態は店舗の内装や天井などが何もない状態、ただコンクリート打ちっぱなしの空間の状態の事を意味します。
通常はこのスケルトン状態で店舗を借りてスケルトン状態で返します。

しかし、せっかくキレイな状態の厨房や壁、トイレなどの設備があるのにスケルトン状態にするのは少しもったいないと思われる方もいます。
そういった場合には、方々の合意が得られれば「居抜き」として取引出来ます。
居抜き店舗とは店舗の主要設備が残っていて、すぐにでも営業が出来る様な状態の物件の事です。
居抜き店舗は設備投資が安く済むなど、オーナーさんたちが常に思っているであろう「コスト削減」に大きく貢献します。
居抜き店舗を検討している場合には、残っている設備がまだしっかりと使える状態なのかチェックするようにしましょう。

This entry was posted in 新宿の貸店舗について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります